正しいのはどっち?㊼

さて、恒例の

「正しいのはどっち?」のコーナーです!

何気なく使ってしまいそうな間違えやすい表現を

クイズ形式で取り上げていきます。

ご自分で1か2か選んでみてください!

それでは、Let’s begin!

Q: 「ステージで歌ったり踊ったりするなんて恥ずかしくて出来ないよ。」

と言いたい場合・・・

1.  I am too embarrassed to sing and dance on the stage.

2.  I am too ashamed to sing and dance on the stage.

正解は・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

1番でした!

 

恥ずかしい、にも種類があります。

embarrassedは、「顔を赤らめるようなバツの悪さ」

ashamedは、「人として恥じ入る気持ち」

と、使い分けます。

 

この場合は、みんなの前で歌って踊ってなんて、

恥ずかしい!という気持ちなので、embarrassedを使うのです。

逆に、友達に噓をついたことを恥じ入っているような場合は、

ashamedがピッタリです。

 

「~するなんて、恥ずかしくてできない!」

というときは、

I am too embarrassed to~.

という表現が良いですね。

~するには恥ずかしすぎる=恥ずかしくて~なんてできない、

という意味です。

 

例)I am too embarrassed to make a speech in front of everyone!

皆の前でスピーチするなんて恥ずかしすぎる!

 

外国の人々と英語で話す時、

私もいまだにembarrassedな気持ちになることもありますが、

続ければ、慣れていきます!

 

恥ずかしい気持ちを乗り越えて、

色々な事にチャレンジしていきたいですね。

 

それでは、次回もお楽しみに!

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

一体何が・・・?

実は9月から、私の今の住居では

大規模修繕が行われていまして、共用廊下の壁の塗り替えや、

通路排水溝の修復などが行われています。

 

初めは足場組みや壁にドリルで穴を開ける音、その後は

ペンキの臭いなどに悩まされていました。

工期は3か月と記載されており、

「これが3か月も続くのか・・・」

と思っていましたが、気が付けばもう2か月がたち、

あと2週間ほどで工事は終了するようです。

 

施工業者の方々も最後の〆の段階のようで、

塗装を仕上げ、いたるところに張られていたマスキングテープが

徐々にはがされてきました。

 

そしたら、今朝、私の部屋の外側の床に

こんなものが張られていました。

 

 

ムリって・・・

 

ちなみに、他の部屋の前にはこのようなものは

一切ありませんでした。

ウチだけ・・・?一体、何が???

そんなことを考えているうちに、

このテープは外されていました。

 

結局何が無理だったのか、

ウチは無理だから何かがスルーされたのか、

真相は分かりません。。。

施工業者の人に聞いてみたいです。

 

「一体、ウチの何が無理だったんですか!?」

って(笑)。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

日本語の難しさ

先日、ネットでこのような記事の見出しを見かけました。

「3頭もいて怖かったがとっさに助けた」
イノシシが馬乗りになっていた高齢男性を狩猟用モリで仕留め救助
OBS大分放送 10/21(金) 19:14

「イノシシが馬乗りになっていた高齢男性を」

までは何とかOKですが

そのあとがちょっと違和感がありました。

「狩猟用モリで仕留め・・・」

・・・・ん?

これでは「(誰かが)高齢男性をモリで仕留めた」事にならない

か・・・?

あるいは、

「イノシシがモリで高齢男性を仕留めて(誰かを)救助した」

とも取れます。

 

この見出しを書いた方は、当然ながら、

「イノシシが馬乗りになっていた高齢男性を、(そのイノシシを)狩猟用モリで仕留め、救助」

と書きたかったはずですが、何通りもの意味に解釈できるのは面白くもあり、

また、日本語の難しさも感じます。

 

日本語は「てにをは」によって名詞の役割が固定されますが、

同じ格助詞でも違う役割をすることがあったり、

語順が入れ替わったり、

主語や目的語が省略される

ことが多いことが原因の一つでしょう。

例外も多く、私たちが普段使っている日本語も、

よく考えると文法的でなかったり、独特の構造をしていたりします。

以前、外国の方に日本語を教えた際も、上記の点で

難しいと言われたことがあります。

 

この見出し文も、現在は

「イノシシが農作業中の高齢者に咬みつく 近所の男性が狩猟用モリで仕留め救助」

と修正されています。すっきりしていますね。

 

私達が日々当たり前のように使っている日本語ですが、

意味が伝わりにくい構造をしていることもあります。

 

ちょっとだけ気を付けたいですね!

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

待つことの大切さ

最近は気温もぐっと下がり、

秋の気配も深まって来ましたね。

 

私事ですが私、ささやかながら家庭菜園をやっていまして、

今は冬前に残り物の野菜を一斉に

収穫する時期でもあります。

 

その野菜を収穫して、いざ食べてみると・・・

「苦い!!」

・・・・

いくつかの野菜が苦いんです。

特にピーマン。

なんで!?と思うくらい

苦かったんです。

 

色々とアドバイスを下さってる方に相談したところ、

どうやら、肥料をやりすぎたのが

原因の一つのようです。

 

そう、少しでも生長を早く、確実にしたいので、

かなり多く肥料をあげていたのでした。

 

その方曰く、

「生長のスピードはこっちで決められるもんでもないしね~。

あんまり手をかけすぎないで野菜に任せてた方が

上手くいくもんだよ。」

 

なるほど。

 

他にも、丹念に計画し、管理したはずの野菜が生長せず、

逆にあぜ道にこぼれ落ちた種が立派に生育することもある、

という話も聞きました。

 

これは、学習のプロセスや、広くは人の成長にも

当てはまるかもしれないな、と思いました。

 

予想通りに行くことを重んじて、そうでないとついつい焦る。

〇〇ならば、きっと××なはず!と、

色々な情報から、やりもしないうちから結果を決めつける。

早く結果を出したがる。

隣と比較して優劣をつけたがり、

自分のペースを見失い、追いつけ追い越せ、とやってしまう。

 

要は、「待てない」んですね。

 

今回の野菜の出来の悪さから、

自分の中にあるそんな弱い気持ちを

垣間見たように思います。

 

これらのいわば「負の」モチベーションによって行う事は、

却って逆の結果をもたらしてしまう事も

少なくないように思います。

本来、じっくり取り組めば上手くいくものを、

焦ったがために台無しにしてしまう事もあるでしょう。

 

この「恐れ」に突き動かされず、

自分なりの最善を尽くした後は

どっしりと「待つ」事ができた時、

色々な状況が、思いもよらぬ展開を見せることが

あるのかもしれません。

 

自分の人生の一つの学びとしたいな、

と思いました。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

正しいのはどっち?㊻

さて、恒例の

「正しいのはどっち?」のコーナーです!

何気なく使ってしまいそうな間違えやすい表現を

クイズ形式で取り上げていきます。

ご自分で1か2か選んでみてください!

それでは、Let’s begin!

Q: 「昨日、とある外国人と楽しく話をした。」

と言いたい場合・・・

1.  I enjoyed talking with a foreigner yesterday.

2.  I enjoyed talking with a person from abroad yesterday.

正解は・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

2番でした!

 

foreignerは、人によりけりですが、

「よそ者」という響きを感じてしまう方も

いるようです。

日本人が何の気なしに言う「外人」に

差別的響きを感じるのと少し似ているかも

しれません。

 

こういった場合には、

少し説明的になりますが、

a person from abroad

a person from a different country

a non-Japanese

などの表現を使うと良いでしょう。

 

もし国籍が分かるのなら

AmericanやBritishなどの国名を使うと

文が短くなってさらに良いです。

 

私達に悪意はなくとも、

不快に感じる方もいるかもしれません。

ちょっとだけ気を付けてみましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英語の格言㉙

久しぶりです!

恒例の、「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

When you come to a roadblock, take a detour.

(行く手をふさがれたら、回り道で行けばいい。)

米国の実業家、メアリー・ケイ・アッシュという方の言葉です。

 

コロナ禍が始まってから、

それまでに当たり前のように思っていた事が

出来なくなる日々が続きました。

旅行や娯楽活動は言うに及ばず、

素顔で外を歩いたり、他人とおしゃべりする事さえ

憚られるようになりました。

 

でもそんな中でも、人々は逞しく、

一つの道がダメなら別の道を考えて生きています。

 

一例として、

英語を含めた「学習」の面で言えば、オンラインレッスンが

爆発的に増加しました。一説には、平均値で

前年度の2倍に達するとのことです。

確かに対面に比べれば臨場感や感覚が伝わりにくくなったり、

通信状況によっては途切れ途切れになってしまったりと

不具合ももちろんあります。

しかし、

「それまでのやり方がダメなら別の方法で最善を尽くす」

という、今回の格言が正に当てはまるような

気がします。

 

人生には困難が付きものです。

そのような事態に出くわしたときには、

真正面から取り組むことも大事ですが、

それがダメだと悟ったら、柔軟に別の道を探せるように

なりたいものです。

 

 

それでは、次回もお楽しみに!

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

夏休みも終わり・・・

さて、日照りと大雨が交互に訪れた

夏休みも終わり、また日常が戻ってきましたね。

朝晩は心なしか秋の風が吹き始めたように感じます。

 

仙台市の小中学校は、公式には今日24日が夏休み最終日ですが、

もうすでに新学期がスタートしている学校もあるようです。

私があまり知らないだけで、

むしろそういった学校が結構多いのかもしれませんが・・・。

個人的には、休みが短くなるのはちょっとイヤですね~。

 

昨日スタバに寄ったのですが、

そこで2人の小学生が、テーブルに山のように

宿題を積み上げて格闘していました。

お洒落なスタバでそれをするとはなかなかの強者ですが、

休み明け直前に必死に宿題を終わらせる光景は、

今も昔も、変わらないですね~。

 

皆さんは、有意義な夏休みを過ごせましたか?

 

初めは日常に戻るのに少し時間がかかるかもしれませんが、

徐々に慣らしていきましょう。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

蒸し暑い!!

最近は

晴天と雨が交互に来ますね。

バランスが取れているとも言えますが、

気温と湿度は一様に高いままです・・・。

端的に、蒸し暑い日々が続いています。

 

この時期は何よりも怖いのは

熱中症です。

 

高温多湿の屋内など、

例え日光に当たらなくても起こるので

注意が必要です。

 

熱中症は英語で”heat stroke”と言います。

「~かかる」はgetを使いましょう。

例)

Many people get heat stroke in the summer.

(夏には、多くの人々が熱中症にかかる。)

逆に、「防ぐ」「避ける」の場合は、

preventやavoidを使いましょう。

例)

To prevent heat stroke, drink enough water.

(熱中症を防ぐために、充分な水を飲みましょう。)

 

皆さん、気を付けましょうね!

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

夏休みスタート!

梅雨がサッと過ぎ去り、

猛暑が訪れ、

また長雨・豪雨が続き、

ここに来てようやく少し天候が

落ち着いてきた・・・ように思います。

今年は梅雨が短かったせいか、

セミの鳴き声が聞こえないのが個人的には

少し残念です。

 

さて、先週から市内の小中学校は夏休み期間に入りました。

コロナの感染者数がまた増えてきましたが、

それでも、近所の公園や電車の中、街中には

子供達や家族連れがいつもより多くみられたように思います。

 

いつも言っていることですが、

夏休みは、勉強、家族での行事、遊びなど、

やることがたくさんありますので、

どうやってそのバランスを取るかが大事になってきます。

約1か月という長い期間、自分なりに計画を立てて

メリハリのある時間を過ごせるように心がけてみると

良いかもしれませんね。

 

ポイントは、小さな時間を活用する事。

 

3時間勉強して、4時間ゲームをして・・・

というよりは、

30分勉強、10分休憩、30分勉強・・・のように

なるべく規則正しくするのがお勧めです。

また、休憩の時間は出来ればスマホやゲームではなく、

体を動かしたり、家のお手伝いをすると良いです。

ペットの散歩をしたり、部屋を片付けたり。

私自身も、スマホを見ている時間が長い日は、

いつもよりも疲労感が大きいように思います。

 

不思議なもので、すべての時間を自分の思ったように

過ごそうと思うと、上手くいきません。

例えば、自分の好きなことだけして1日を過ごしているはずが、

なぜか疲れてしまったり、そんな日が続くと

活力が湧くどころか、どんどんダレてきてしまったり。

 

ほんの少しだけ、「やりたくないな」「面倒だな」

と思う事を合間に入れると、

その緩んだ時間に適度な張りが生まれます。

 

私自身も、心がけている事です。

是非、やってみてください。

 

また、当スクールでは

夏期講習を実施しています。

単発レッスンから、レギュラーレッスンまで、

お一人お一人に合わせたオーダーメイドの授業を行います。

この機会に、学生様はもちろん、社会人、シニアの方まで、

普段できない学習に集中的に取り組んでみてはいかがですか?

 

詳しくは、お問い合わせのページから!

 

それでは皆さん、

Let’s enjoy our summer holidays!

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

エアコンをつけたまま寝ると・・・

梅雨もいつの間にか明け、

夏本番の暑い日が続いていましたが、

今日から数日間は曇り~雨の空模様に

なりそうですね。

 

こう暑い日が続くと、

雨の日がありがたく感じてしまいます。

 

さて、梅雨から夏にかけて

教室のエアコンがフル稼働になっています。

節電しなければ・・・と思いつつ、

熱中症や部屋での不快感を考えると

つけないわけにはいきません。

 

せめて夜くらいはと思い、窓を開けたり扇風機を

つけたりでしのいでいたのですが、

つい先日、寝る際にちょっとだけ

部屋を冷やすつもりでエアコンをつけたら

そのまま寝てしまい、

何と一晩中つけっぱなしに!

 

起きたら、口呼吸+部屋の乾燥で

喉がガラガラになっていました・・・

 

幸いにも1日で回復しましたが、

コロナで敏感になっている状況下では

誤解を招く可能性もあり、

今後気を付けないといけないなと思いました。

 

参考までに、

「のどの痛み」はsore throatと言います。

例 I have a sore throat now.(喉が痛いんだ。)

 

喉が乾燥すると、そこからウイルスが入り込み、

本当に体調を崩すことにもなりかねません。

皆さんも、気を付けてくださいね。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

仙台の英会話教室
ソフィア イングリッシュスクール