「英語に関する様々な事」カテゴリーアーカイブ

仙台市中学校英語暗唱大会・英語弁論大会

今月3日と11日に、

仙台市中学校英語暗唱大会と、英語弁論大会が行われます。

私自身も20年前に出場し、

その時の経験が大きく人生を変えてくれた、

思い出深い大会です。

 

今回も、当スクールの数名の生徒さんたちが、

予選突破を目指して頑張ってくれています。

 

もちろん、結果が出ればうれしい事限りないですが、

それ以上に、人前でのスピーチスキル、

そしてプレゼンテーションスキルというものは、

これからのビジネスの世界で必須能力となっています。

 

中学生という若い時期から、

それに取り組むことによって、少しでも

将来、プレゼンが得意になってくれれば・・・と思います。

 

当スクールでは、

私自身がスピーチを通して大事だと感じた点や、

現在ナレーターとして活動している観点から、

なるべく生徒さんの本来持つプレゼン力を

引き出せるよう、練習を行っています。

 

受験の忙しい時期に、

あえて時間を割いて、スピーチの練習をすること。

確かにそれなりのリスクもあります。

しかし、それ以上に、得るものは多いと

確信しています。

 

ぜひ、頑張ってほしいと思います!

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

明日は、英検の二次試験です!

さて、明日30日には、

2019年度第1回英検の二次試験(A日程)が

実施されます。

 

まもなく始まる大学入試改革の大きな柱が、

「実践的な英語」となっており、

スピーキングが英検などの民間試験を利用して行われるほか、

リスニングの比率も大幅に増える見込みです。

 

「大変だ・・・」と思うのも当然ですが、

裏を返して言えば、真の意味で「英語ができる人」が

求められている、という事でもあります。

 

いままでなかなか取り組む機会のなかった

スピーキングに、ぜひこれからは目を向けていってほしいなと

思います。

 

そういった意味では、

この英検の二次試験はまさにうってつけの練習の場です!

 

平素よりお伝えしています通り、

「簡単な表現」を「正確に使う」ことを

目標に、是非皆さんにベストを尽くしてほしいと思います。

 

Good luck!

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英検一次試験の合否閲覧が可能です。

先日行われました英検の一次試験の合否が、

英検のホームページで確認できます。

3級以上の方は二次試験対策が必要なので、

是非チェックしてくださいね!

英検HP https://www.eiken.or.jp/eiken/

 

さて、本日は梅雨の合間の爽やかな一日となりましたね。

風は少々強かったですが・・・。

 

榴ヶ岡公園での一枚です。

厚くもったりとした雲、たなびくような雲、

うすいヴェールのような雲・・・。

色々な雲が折り重なっています。

 

明日からまた、少し雨の日が続くようです。

 

先週の土曜日は、雨の中自転車で移動したところ、

雨合羽を通して上下の服や靴はもちろん、

バッグの中の教科書一式も濡れてしまいました・・・。

 

皆さん、雨対策はお忘れなく!

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

 

 

明日は英検一次試験です。

さて、月も変わり6月に入りました。

梅雨の月、祝日の無い月、衣替えの月ですね。

学生さんなら1学期中間考査の月、も加わります(笑)

 

僕の好きなある作家さんは、エッセイの中で

「6月には何もいい事がない!」と言っているくらいです。

まあ、月に罪は無いんですけどね・・・

 

閑話休題。

 

明日2日は2019年度第1回英検の一次試験の日です!

 

どの級もまず一次試験が難しいので、

今日は万全に準備をして臨んでほしいな・・・と

思います。

 

特に英検は語彙力が大きな差を生みますので、

最後の最後まで粘って覚えましょう!

きっとその努力が最後の1点を与えてくれるはずです。

 

Good luck, everyone!

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

今日から4月ですね。

さて、本日から新年度が始まります。

それに合わせて

「令和」”Reiwa”という新元号も発表され、

また新しい時代が始まる、

という気分になりますね。

奇しくもこの日はエイプリルフール。

これが全部嘘でした!!となったら面白いですが。

(いや、面白くないか・・・。)

 

ちなみに「新元号」を英語で何と言うでしょう??

これは、new era name と表現できます。

※era=時代、です。

 

・・・・

 

新しいスタートの日を、雲一つない晴天で迎えたい!

・・・という希望とは裏腹に

今日は天候が不安定でした。

 

こんな中、私が自転車で出かけると雨が降り、

目的地に着くと日が差し、また移動時に

雨が降るという・・・

(なぜに自転車?という点には触れないでください・・・)

 

新年度早々嫌がらせですか!?神様!!

 

でも、夕方には見事な晴れ間が広がっていました。

 

・・・・

閑話休題。

 

 

元号が変わったので、今年は令和元年となりますね。

令和という時代が、どうか私たち一人一人にとって、

幸多いものでありますように。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

都立高入試にスピーキングテスト

昨日のニュース記事に、こんなものがありました。

 

都立高入試にスピーキングテスト 現在小6、22年度から

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000035-mai-life

 

これまでおろそかにされがちだった、

いや、むしろ敬遠すらされがちだった「スキーピング」に

ようやくフォーカスが当たってきたようです。

 

話す力は客観的な点数化が難しい場合もあるので、

試験として導入することに慎重論もありますが、

これが英語教育全体の流れとしてスピーキングに

目が向くきっかけになればいいなと思います。

 

実際、スピーキングは英語学習の醍醐味でもあります。

緊張しながら話した英語が少しでも通じた時の喜びは、

なかなか他では得難いものです。

 

「英語を話すとこんなにも楽しく、しかもスキルにもなる」

という事を、一人一人の学生さんが実感してくれることを

願ってやみません。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

2018年度第1回英検二次試験

お久しぶりの更新です。

東北もどうやら梅雨明けしたようで、

連日もわっとした熱気を感じますね。

ちょっと動いただけでも、汗が噴き出てきます・・・(私だけ?)

皆さん、水分補給はお早めに!

 

さてさて、英検協会HPで、先日行われた

英検の二次試験の合否閲覧が可能となっております。

受験された方は、こちらでチェックしてみて下さいね。

http://www.eiken.or.jp/eiken/eiken_result.html

 

大学入試改革や小学校での英語の教科化など、

英語の在り方も大きな変化を迎えています。

これまで以上に、実用性、特にスピーキング能力が

求められてきます。

 

英検やTOEICといった資格試験を機会としてうまく活用して、

スピーキングのトレーニングを積んでいきたいですね。

 

Practice makes perfect!

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

 

 

梅雨に入りました!

数日前から急に、じめじめとした天気となりましたが、

どうやら仙台も梅雨に入ったようです。

雨がしっとりと降る=風情がある、とも言えなくもないですが、

昨年のような長雨は勘弁願いたいところです・・・。

さてさて、ここでは雨にまつわる表現をご紹介します。

 

When it rains, it pours.

「雨が降れば、土砂降りだ」

 

これは、不運に不運が重なる事を意味します。

日本語訳としては、「踏んだり蹴ったり」がピッタリです。

 

例)

Today  I missed the bus, and I lost my wallet.

When it rains, it pours.

「今日はバスに乗り遅れたし、そのそのうえ財布を無くした。

踏んだり蹴ったりだよ。」

 

表現としては覚えておきたいですが、

実際には使いたくない表現ですね~。

 

すこし湿った日々が続くでしょうが、

皆さん、良い梅雨を過ごしましょう!

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

 

2018年度第1回英検一次試験

ここ何日か、まるで夏のような暑さが

続いていますね・・・。

日差しも強く、ちょっと油断してたら、

Tシャツと二の腕の境目がくっきりと色分けされていました・・・。

皆さん、UVや日焼け対策はお早めに(涙)

 

さてさて、今日は2018年度第1回英検の一次試験でしたね。

受講した皆様、お疲れ様でした!

英検は試験の内容と採点方法が変わったため、

合格・不合格の予測が立てにくくなっていますが、

大体6割5分~7割前後だと合格するケースが多いように思います。

 

今回もしっかりと試験後の復習、あるいは

二次対策を行っていきましょう。

試験は、受けた後の方が大事ですヨ!

 

何はともあれ、皆さん、お疲れ様でした!

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

スピーキングのちょっとしたコツ

さて、昨日は英検の二次試験でしたね。

受験された皆様、お疲れ様でした!

当スクールでは、

今回は1級、準1級、2級など、上級を受験される方が

多くおられました。

 

伝える内容が複雑になればなるほど

大事になってくるのは、

「いかに簡単に伝えるか」です。

言い換えれば、

「いかにシンプルな構文・語彙に変換できるか」

ということ。

日本語のネイティブである我々にとっては、

日本語はまるで空気のようなもの。

思いつく文章そのものが、すでにある程度の複雑さを

持っています。

 

ところは英語はそうではありません。

あくまでも第二言語ですから、

なるべくシンプルかつ

効率的に使用すべきではないかと、私は考えています。

 

「まるで相手が、幼稚園児やお年寄りであるかのように

『日本語』を考え、英語に直す」

 

というのが、私がよく生徒様にお伝えしている

イメージです。

 

幼稚園児相手に、

「昨日見たスピードスケートは感動的だったね。私は

長年小平選手のファンだったけど、彼女がついに悲願の

金メダルを取ることができて、すごい嬉しいよ。」

 

とは、あまり言いませんよね?

相手の子供がよほど聡明なら別ですが(笑)

 

あくまで一例ですが、、

「私ね、昨日スピードスケートの試合を見たの。

すごい試合だったんだよ。

小平選手が金メダルを取って、私とっても嬉しかった。

私、彼女のファンなの。

小平選手もずっと金メダルが欲しかったんだって。」

・・・とでもなるでしょうか。

 

短文の組み合わせになる分、

分量は増えて見えますが、

英語には変換しやすくなりましたよね?

 

『幼稚な文章では、自分の話す英語の格が

下がってしまうのでは?』

というご意見もよくいただきます。

 

確かにTPOを考え、適切なスピーチレベルで

話をするのは大事です。

ただ、英語の『格』が求められる場面と言いうのは、

実際はそれほど多くはありません。

 

少なくとも私の経験上、

現実的には、「コミュニケーションがスムーズに進む」

事の方が大事です。

 

はじめは中々しっくりこないかもしれませんが、

この変換になれると、

頭の中にパッと英文がダイレクトに浮かぶようになります。

 

ぜひ、お試しあれ!

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————