「英語の格言」カテゴリーアーカイブ

英語の格言㉔

恒例の、「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

A goal without a plan is just a wish.

(計画の無い目標は、単なる願い事にすぎない。)

 

『星の王子さま』の作者、

サン=テグジュペリの言葉です。

 

言い換えれば、

「具体性のない目標は、願い事に過ぎない」

となるでしょう。

 

厳しくも、真実を言い表している言葉ですね。

今はまさに受験期。

彼の言葉は多くの受験生にとって、

心に深く響くものではないでしょうか。

 

夢や願望は、それを叶えたいという

想いが強ければ強いほど、具体性を帯びます。

 

いつまでに、何をしなければならないか。

そこに至る方法は何が良いか。

など、考えることは無数にあります。

 

それを考えずにいることは、

必然、「想いが叶わなず、夢のまま」という

現実を引き寄せてしまします。

まさに、「願い事」で終わってしまいます。

 

・・・・と、これは、確かに真実の一面を表していますが、

これを実行するのは凡人にとっては至難の業です。

 

私を含むほとんどの人は、夢や希望を持ったとしても、

具体的な計画云々の前に、

「でも、こんなこときっと無理だろう」

と諦めてしまっているのではないでしょうか。

 

また、仮に具体的な計画を立てたとしても、

やはり同じように

「でも、こんなこときっと無理だろう」

と言って、途中でやめてしまう事が殆どのはずです。

 

 

この山をどうやって越えるか?

 

 

私もうまい事は言えませんが、

自分の英語学習の経験から、

とにかく、少しでもいいので「継続する」ことが

大事なのではないかと思います。

 

実行できない具体的な計画、理想的なプランは脇に置き、

とにかく、情けない分量でもいいので続ける事。

 

「こんなの無理だ」「こんなの無意味だ」

 

と騒ぐ自分を脇に置いて、

とにかく1cmでも1mmでも0.1mmでも

先に進む作業をすること。

 

よく授業でも話すことですが、

1日1個単語を覚えれば、

1か月後には30個、

3か月後には90個、

半年後には180個の語彙が身に付きます。

1年後には、3年後には、10年後には・・・・。

 

始めは具体的な計画も何もありません。

こんな少ない分量でもいいので、

とにかく目の前にあるものに向かって一歩進む事が

大事なのではないでしょうか。

その先に、きっと、

「あ、やればできるのかも」という

希望が見えてくるはずです。

その時には既に手の中に、

夢や願い事が、「現実的な目標」として、

実行計画案とともに握られているのでは

ないかと思います。

 

人生の岐路に向かっているとき、

この格言を思い出したいものですね。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英語の格言㉓

久しぶりの「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

Adventure is not outside man; it is within.

(冒険とは、外ではなく、心の内にあるものだ。)

 

イギリスの作家、ジョージ・エリオットの言葉です。

実は、ジョージという男性名はペンネームで、

本名メアリー・アン・エヴァンズという女性です。

 

冒険と言えば、

砂漠や宇宙といった極限状態で、

命の危険にさらされながら

宝を探して旅をすることなどが

思い浮かびますが、

冒険とは「心の内側」にあると

彼女は言っています。

 

ここで言う冒険とは、

「未知の環境や物事に勇気をもって飛び込むこと」

と言い換えられるでしょう。

その意味では、我々の平凡なはずの

人生も、その目で見れば

冒険に満ちていることが分かります。

 

仕事や受験、子育てなどは全くもって

冒険と呼んで差し支えない出来事でしょう。

 

目の前にあるにもかかわらず、

目を背けてしまっていることに挑戦してみる・・・

 

これこそが、

人跡未踏のジャングルに踏み込むにも等しい

「大冒険」になるのかもしれません。

 

そうすると、人生は、

恐れ以上に、

驚きと発見、ドキドキワクワクに満ちているのかも

しれません。

 

毎日が同じで退屈だ・・・

 

と思ったとき、この格言を思い出したいものですね。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英語の格言㉒

久しぶりの「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

The flower that blooms in adversity is the rarest and most beautiful of all.

(逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい。)

 

ウォルト・ディズニーの言葉です。

 

花には、色々な咲き方があります。

 

まっすぐに太陽に向かって伸びる花。

人の足に踏まれながら、粘り強く咲く花。

周りに同化して、目立たずひっそりと咲く花。

 

どこかの人気アイドルの歌にも、

似たような歌詞がありましたね(笑)

 

見た目には、真っすぐ伸びる花には、

一部の曇りもなく、美しく、

それはまるでこの世のすべての

「良いもの」を体現しているように思える事もあります。

 

ですが、ウォルト・ディスニーのこの言葉は、

その逆のことを言っています。

何の迷いもなく、恵まれて、太陽の日を一身に浴びて

咲く花よりも、

雨風に晒され、踏みつけられる中で

生き抜く花の方が、貴重で美しいといっているかのようです。

 

人生もしかり、

苦しいときほど、この苦しみから

大きな気づきや、人としての成長があると信じて、

その逆境に取り組んでいきたいものですね。

 

今は受験シーズン真っ盛り。

不安と闘いながら勉学に取り組む

学生さんたちにも、是非この言葉を

心に留めておいてほしいと思います。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英語の格言㉑

久しぶりの「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

Start where you are. Use what you have. Do what you can.

(今、自分がいる場所で、自分が持っているもので、

できることをしなさい。)

 

アフリカ系アメリカ人のテニスプレーヤー、

アーサー・アッシュの言葉です。

 

人生を生き抜いてきた賢人の言葉には、どれも

共通するものがありますね。

 

キーワードは、

「今」「自分のできることを」「地道に」など。

とにかく、愚直に。自分に正直に生きろと

訴えかけているようにも思えます。

 

我々はどうしても、今いる場所ではない「どこか」に行こうと

したり、あるいは社会の高みにいる人々を見て、

「自分には無理だ。自分たちには関係のない話だ。」と

諦めてしまったりしがちですよね。

 

ですが、これらの言葉は、その逆の真理を謳っているようです。

 

「今、ここで、できること」を真に実践したとき、

一体何が手に入るのでしょうか?

 

私自身も、それを見てみたいものです。

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英語の格言⑳

久しぶりの「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

Everyday is a new day.

(毎日が新しい日だ。)

 

アメリカの作家、アーネスト・ヘミングウェイの言葉です。

 

見た目は非常にシンプルですね(笑)。

 

でも、いざこの考えを持とうとすると、

これがなかなか・・・。

 

今日は新しい一日のはずなのに、

昨日までの嫌なことを思い返してみたり、

明日というまだ来ていない日のことを

くよくよ悩んでみたりと、

心はなかなか思うようには動いてくれません。

 

私の好きなあるアメリカの心理学者が

こんなことを言っています。

 

「道が二つに分かれていて、片方は気楽な道、もう片方は

くよくよの道。どちらを選ぶかは、あなたの選択です。」

 

確かに、私たちは、誰かに強制されて

感情を持っているわけではないので、

自分の考え方を、時間をかけてなじませていくことで、

何が起こっても、「それは過ぎたことだ。」

と水に流すことができます。

 

そうすると、ヘミングウェイの言葉のように、

毎日が新しい日、になるのかもしれません。

 

私も、是非この考えを

実践してみたいなと思います。

皆さんも、心の片隅にちょっと

とどめておいてみてはいかがでしょうか。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英語の格言⑲

さてさて、久しぶりの「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

None are so old as those who have outlived enthusiasm.

(熱意を失ってしまった人ほど年老いた人はいない。)

 

アメリカの作家、ヘンリー・デイヴィット・ソローの言葉です。

 

不思議なもので、心が極度に疲れたり、意欲が萎えているときに

自分の顔を鏡で見てみると、まるで4~5歳も年を取ったように

見えることがあります。

反対に、自分が心から楽しいと感じたり、熱意にあふれていたり

するときは、顔が若々しく見えます。

 

実年齢に関係なく、自分の「心の年齢」が顔に表れるのですね。

 

当スクールに通って下さる生徒様は、

年齢層が幼児からシニアまで幅広いですが、

皆、年齢を感じさせない、という共通項があります。

 

英語を学びたい、という意欲、

英語が楽しい、という感情、

英語を将来使いたい、という希望が

皆さんの心のみならず、

外見までも若々しくしているのでしょう。

 

私自身も、そんな生徒さんの姿を

見るたびに、「自分もまけていられないな!」

と思います。

 

常に、心に熱意を抱いて生きたいものです。

そのような人生は、きっと、素晴らしいものに違いありません。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英語の格言⑱

今週の「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

Love the life you live. Live the life you love.

(自分の生きる人生を愛し、自分が愛せるような

人生を生きよ。)

 

レゲエミュージシャンのボブ・マーリーの言葉です。

 

前後の文の単語を入れ替えているだけですが、

シンプルながらリズム感のある

非常に耳に残りやすい格言ですね。

早口言葉としても使えそうです(笑)

 

これは僕のお気に入りの格言の一つです。

 

自分が愛せるような人生を生きたいし、

たとえいろいろな苦難はあっても、自分の人生を愛したい。

という意味でしょうか。

 

こういう言葉を、真顔で信じられるのは

素敵なことだと思います。

 

辛い時や、自分の人生の行き先に迷っているときなどに、

是非心に留めておきたい言葉ですね。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英語の格言⑰

今週の「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

Stay hungry. Stay foolish.

(現状に甘んじるな。常に挑戦せよ。)

 

かの有名なスティーヴ・ジョブズの言葉です。

耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

 

こういう言葉を聞くと、

「わかってはいるけど、私たち凡人に

そんなこと言われてもねぇ・・・」

と思ってしまいますよね(笑)

 

全くもって正常な反応だと思います。

 

物を食べない状態に自分を追い込まないと

そもそもhungryにはなり得ませんからね。

日常にかなりの負荷がかかっていて、なおかつ

それを押し返して結果を出している人でなければ、

Stay hungryなどとは言えないでしょう。

 

日常をそれなりの平凡さで生きている我々にとっては

これはまるで遠くの人の

言葉に聞こえてしまします。

 

でも、人は誰でも、

人生に真っ向から立ち向かわなければいけないときが

来るはずです。

 

受験、就職、結婚、転居などのプラスの物から、

死別、離婚、失敗、破産などのマイナスの物まで・・・・

 

人生に大きな波が来たときは、

人は誰でもhungryであり、安住や安定を

求めてではなく、大胆不敵に

それに挑まなければいけないのかもしれません。

 

もっと言ってしまえば、人生は冒険のようなもので、

安定や現状維持などは実際には幻なのかもしれません。

彼のような偉人の目にはきっと、それが見えていたのでしょう。

 

我々凡人も、人生の大一番を迎えた時は、

この偉人の言葉を胸に、立ち向かっていきたいものですね。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英語の格言⑯

今週の「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

It’s all about the journey, not the outcome.

(大事なのは過程である。結果ではない。)

 

アメリカの元陸上競技選手、カール・ルイスの言葉です。

 

 

ある見方をすれば、私たちの毎日は試行錯誤、苦難の連続です。

その中には、自分の思い通りになるどころか、

逆境に感じることも多くあるのではないでしょうか。

 

ですが、目の前にどのような結果がでたとしても、

そこにどうやって向かったか・・・・

のほうが、実は大事だと思います。

そこまでの自分の足跡がしっかりと残っていれば、

たとえ立ち止まるようなことになっても、

それを元に先にまた進んでいけるからです。

 

人間は弱いもので、

どうしても「結果が良ければそれでいい」という考えに囚われ、

何とかそこに少ない労力で、時には裏道を使ってでも、

できれば一足飛びに到達したい、と思ってしまうものですが、

少なくとも、僕の経験上、こういった「楽をしたい」と思って

歩んだ道には、あまり得るものはありません。

 

特に、学生さんにとっては、この時期は

受験という試練が立ちはだかり、

「結果」のみを求められている気持ちになることも

多いでしょう。

「合格」しなければ意味がないー

確かに、一理ありますが、合格しなければ

全ておしまいというわけでもありません。

合格したら、すべてが許されるわけでも、

未来が保証されるわけでもありません。

それどころか、合格後に、今までやってこなかった事の

ツケをまとめて払わせられる場合すらあります。

 

そんな時、自分が出した「結果」は吹いて飛んでしまいます。

 

 

大事なのは、この苦難にどこまで真摯に向かったか。

 

その一点のみが、受験という小さな枠を超えて、

自分の人生に向かう揺るがぬスタンスを築いてくれるのでは、

と思います。

 

過程こそが大事。

 

この言葉を胸に、日々の営みを進めていきたいですね。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————

英語の格言⑮

今週の「英語の格言」のコーナーです。

短いながら、心に残る格言

(英語ではproverbと言います)をご紹介します。

是非機会があったら使ってみてくださいね。

 

Find purpose, the means will follow.

(目的を見つけよ。手段は後からついてくる。)

 

マハトマ・ガンジーの言葉です。

 

英語の学習などにも

これは当てはまりますね。

 

「英語が話せるようになりたい」という

想いがあれば、その後の手段は無数にあります。

特に現代においては、語学学習の環境としてはかつてないほど

恵まれていると言えるでしょう。

 

逆に、その想いが薄かったり弱かったりすると、

「どうすれば話せるようになるんだろう?」と

考え込んで、足が止まってしまいます。

 

ガンジーのこの言葉は、

「モチベーションを高めれば、その後の道はどうにか見つかる」

という事なのかもしれません。

 

では、その「目的」というのはどうすれば見つかるのか??

 

これは、私自身もはっきりとはわかりません。

ただ一点、

頭で考えても、その「目的」は見つかりにくいはずです。

それよりも、目の前の事一つ一つに

真剣に取り組み、具体的な行動を起こすと、

そこから色々な想いが生まれるのでは、と思います。

手段が目的を明らかにしてくれる、とも言えると思うのです。

 

あるいは、その「想い」を強くしてくれるような

行動をとってみるのも一つかもしれません。

 

 

具体的には、英語の場合なら、

実際に英語を使う環境に身を置いてみる。

学校のALTの先生と頑張って英語で話してみる。

資格試験やコンテストに取り組んでみる・・・。

 

逆説的かもしれませんが、

何らかの手段を講じることで、目的がはっきり見え、

それに向かう過程で、また新しい手段が見つかる・・・

というプロセスなのではないでしょうか。

 

言うは易し、行うは難し、ですが、

ぜひ心に留めて置き、実行してみたい格言です。

 

———————————————————————

仙台の英会話教室 Sophia English School

Koji Nakanome

———————————————————————